HOME > 研究施設 > コホート臨床

コホート臨床

コホート臨床とは、一番確率の高い信頼性を認められた国際疫学上の臨床試験法です。

コホート臨床の定義
「被験者集団、一人ひとりのコホート臨床前診断、生体動態、細胞挙動検証をして人間集団で出現する医学上の事象」

  1. 被験者を軍団別に、商品等を使った人と使わない人の反応応答比率検分法で臨床します。
    「検体は法律に従い製造責任保険証明」が必要条件です。
    コホート臨床希望者は検体(商品)は無償で必要量提供していただきます。
  2. 被験者は、臨床研究前に健康診断を機構の規定に基き、血圧・血流・脳圧・心電図・毛細血流に於ける細胞挙動と動態挙動や蛋白分画・血液検査・尿検査・唾液検査など必要な検査の後、コホート臨床にはいります。
  3. 健康関連機器・器具・製品・商品を、規定の使用方法・使用時間・使用回数・使用感覚の被験者別に生体結果がマークシートで実証検証されます。
  4. 健康食品のコホート臨床は、健康食品の摂取・投与・量、・時間・的応答検査や、性差別・年齢別被験者の病名・病歴・症状・疾患部位・経過等により検体コホート臨床を実施します。
    ※製薬・新薬・試薬の治験前コホート薬事臨床は特別契約で行います。
  5. 機構臨床検証法は、健常者軍団・病歴者軍団に分類臨床法を採用しています。
  6. コホート臨床は、被験者数×期間により、確立指数が大きく変わります。
    できるだけ、数多く、長くされた方がより正確に生体的応答性が得られます。
  7. コホート臨床は医学的知識を有する「日本予防医学代替医療総合学院」の学生・卒業生・予防医学エキスパート・予防医学指導士等有資格者を主体に被験者構成及び被験者指導体制で実施しております。
  8. 被験者の生の正確な生体応答性や生体反応がマークシートで報告されます。
  9. 当機構の臨床法は「前向き短期コホート」「後向き短期コホート」に分類されます。
    後向き短期コホートは「検査・分析・データが補完された商品」に限定します。
  10. 当機構の臨床規定
  11. 被験者保護規定
    検体商品は原則として信頼に値する、公的機関・大学・民営等の研究機関及び分析センター等の安全性を証明書を有し、「毒性・アトピー性パッチテスト」等の試験を完了し、内包成分の成分表、または分析証明に類する書類が必要です。
  12. 臨床数値と期間規定
    短期最低臨床  30名×30名 1ヶ月の臨床期間を要します。
    中期最低臨床  50名×50名 3ヶ月の臨床期間を要します。
    長期、被験者数1000名×10年間、以上の臨床データ取得試験も実施します。
  13. 長期縦断型コホート臨床と多目的コホート臨床を分類して特別臨床を行います。
    「耕食・酪農・農薬・肥料・飼料等」に関する臨床も行っています。
  14. 特別コホート「国内全域に於いて目的設定コホート」国、地方行政委託契約人口・出生性別分類比、発病偏差値・死亡地域偏差、風土病発症地域偏差、あらゆる臨床検査を致します。
  15. 特農法に基く土壌改良法、海洋資源育成法などの臨床は削除しています。
  16. 機構の倫理規定により、個人情報保護法に基き臨床データ等の資料は一切関係者以外への漏洩・漏出は致しません。
  17. ご不明な点は、担当の協会へお問い合わせください。