HOME > 新型インフルエンザ対策豆知識 > 新型インフルエンザの兆候・撃退方法

新型インフルエンザの兆候・撃退方法


緊急警告の兆候

もしあなたが新型インフルエンザに感染したかも知れない状況にあって、以下に示すような兆候が現れるようであれば、地域の発熱相談センターに連絡し支持を仰いでください。
以下のような緊急の兆候が現れたら、緊急医療への注意が必要です。
子供に緊急医療の注意が必要となる兆候
速い呼吸や呼吸困難 肌が青くなったり灰色になる 十分な水分が飲めない 持続的な嘔吐 起きることができない、または反応がない 子供が抱かれたくないようなイライラしている状況 インフルエンザのような症状が良くなった後に、再び発熱とひどいせきがぶり返す
成人に緊急医療の注意が必要となる兆候
呼吸困難または息切れ 胸部や腹部の痛みや圧迫 突然のめまい 錯乱状態 ひどい嘔吐または持続的な嘔吐 インフルエンザのような症状が良くなった後に、再び発熱とひどいせきがぶり返す

ウィルス抵抗性を強化しインフルエンザウィルスを撃退する方法

  1. 常に免疫性を高め、日光浴を適当にして健康体を維持する
  2. よく寝て、よく食べて、よく歩き、生体ホルモンバランスを常に整える
  3. 風邪をひかない体質に今から改善強化しておく
  4. 入浴時にホルストーンを用いて基礎体温を保持し恒常性を高めておく
  5. 体に良い食材を選び、化学添加物を避けて自然食を選ぶ努力をする
  6. 居室を一定の温度と湿度を保つようにする →「菌の増殖を阻止できる」
  7. ウィルスは日光に弱いので、布団や寝具や下着類を日光消毒し、太陽光線「ハドロン系粒子」で殺菌、除菌、減菌する
  8. ウィルスは水に弱いので、家に帰ったら、水で手洗い・ウガイを励行する
  9. ウィルスは、ある種の微量の放射線波長域に非常に弱い
  10. ウィルスは、ある種の光子源波長域非常に弱い
  11. 消毒殺菌減菌にはホルミーオゾン発生器・次亜塩素酸ナトリウムを用途に合わせて使うとよい 
    (*次亜塩素酸ナトリウムは 金属腐食 塩素ガス発生に注意が必要)
  12. 二酸化塩素除菌、ノロウィルス、小型球形ウィルス、食中毒の菌体不活性化
  13. グラム陽性菌、グラム陰性菌、真菌、ウィルスの殺菌効果・不活性効果
  14. 消毒はエタノール・アルコール類を選び、家庭に常に常備薬的に備えておく